TEL 026-255-2452
オプトコバヤシ  代表:小林 昭一
〒389-1305 長野県上水内郡信濃町柏原2711-39
営業時間:AM8:00~PM7:00  定休日:日曜日
ネットショップへはここをクリック
初めてご来店される方へ
オプト小林はこんなお店です
目とメガネの話
耳と補聴器の話
バックナンバー
よくある御質問
 沿 革

 

1962年 黒姫駅前に朝妻時計店として開業
1973年 メガネ販売を開始
1985年 長男昭一 日本眼鏡専門学校(現 東京眼鏡専門学校)卒業。
同年4月長野市緑町の山田眼科医院に検査員として勤務(在職中SS 級認定眼鏡士取得)
1990年 上記眼科を円満退職し家業に従事
1991年 補聴器販売を開始
県の障害者自立支援法(現 障害者総合支援法)の補装具販取扱店に指定される
1992年 店舗改築を機に店名を「オプトコバヤシ」に改名
1995~1999年 長男昭一 山田眼科信濃町医院に非常勤スタッフとして参加
1998年 (公益社団法人)日本眼鏡技術者協会に加盟
2000年 町立信越病院の眼科開設と同時に指定店となり、コンタクトレンズの販売を開始
2001年 (一般社団法人)日本補聴器販売店協会に加盟
2002年 認定補聴器技能者試験合格(登録 第10-1912号)
2004年 医療用具販売管理者認定取得
(登録 管第26046号)
2006年 ネットショップ開設(http://opt5884.jp/)
2009年 長男昭一 オプトコバヤシの代表に就任
2012年~ 「横田流フィッテイング勉強会」に参加
 
 認定補聴器技能者とは?
補聴器の販売や調整などに携わる人に対し、財団法人テクノエイド協会が、厳しい条件のもと、基準以上の知識や技能を持つことを認定して付与する資格です。

●役割と仕事
どんな高価な補聴器でも、その人の聴力に合っていなかったり、適切に調整されていなければ本来の性能を発揮できません。認定補聴器技能者は、豊富で幅広い知識と、長い実務経験から培った確かな技能で、補聴器の適切なご利用をバックアップいたします。

 認定眼鏡士とは?
メガネ販売にたずさわる人の知識や技術を審査認定し、一般の方々にわかりやすくしたのが公益社団法人日本眼鏡技術者協会による「認定眼鏡士制度」です。

●役割と仕事
どんなに視力測定をしっかりしても使用目的にあわないレンズでは見づらく、また目とレンズの距離や角度が違うと、見え方に影響が出てきます。
そのようなことのないよう、適切な視力測定、使用目的やライフスタイルにあったレンズ選定、フレーム選び、フイッティング調整、レンズレイアウトなど確かな知識と技術でご満足いただけるメガネをご提供するのが「認定眼鏡士」です。